の機能

各機能

メインフレームのソースコード全体をオープンプラットフォームへ変換するツール

元 のソースコードの入力

  • ユーザは元 のソースコードを1つずつ入力します。

CITUS MAGIC WANDの方法論

  • 2つの言語ツリー間におけるツリー変換という標準的 な アプローチを適用します。
  • 文法宣言により解析ソースを分離します。
  • テンプレート宣言によりコード 生成を分離します。

総合的なレポートとログ

  • 当該ツールは、変換されたソースに加えて、変換の際の鋭い見識を提供するために詳細なレポートとログを生成します。
    – パターン変換ログ: は、PL/IからNetCOBOLへのプログラムの変換について必要な変換パターンをレポートします。
    – 変換カバリッジログ :は、無視または未変換のコードをコントロール・通知し、全てのコードが変換されていることを確認します。
    – 変換ログ: は、すべてのマニュアルガイドラインを収集し、メッセージを変換します。
    – アプリケーションログ は、ユーザがツールを開始してから終了するまでに記録されたイベントやエラーを含みます。